百名山 API を開発しました | mountix APICLICK !

Pythonライブラリ Pillow で画像生成&保存する

Python Pillowで画像の生成と保存
  • URLをコピーしました!

大量の画像ファイルが必要だったので、Pythonで画像生成してみました。

Pillowで画像を生成して保存する

  1. pip で Pillow をインストール
  2. new() で画像を生成する
  3. save() で画像を保存する
目次

画像処理ライブラリ Pillow

PIL と Pillow

PIL(Python Imaging Library)は、2011年まで開発が進められていた画像処理ライブラリです。

そして、現在では開発が停止しています。

そんなPILをフォークして作られた画像処理ライブラリが Pillow です。

各種形式の画像ファイルの読み込み・操作・保存を行う機能が提供されています。

pip インストール

以下のコマンドでライブラリをインストールします。

pip install pillow

画像の生成と保存

画像データの生成:new()

new()Imageオブジェクトを生成することができます。

from PIL import Image

# 画像データを生成
size = (320, 240)
rgb_color = (0, 128, 255)
img = Image.new("RGB", size, rgb_color)

第2引数にサイズ、第3引数にRGBの各色の値をそれぞれタプルで指定することができます。

画像データの保存:save()

生成したImageオブジェクトをsave()で保存することができます。

from PIL import Image

# 画像データを生成
size = (320, 240)
rgb_color = (0, 128, 255)
img = Image.new("RGB", size, rgb_color)

# 画像データを保存
img.save("sample.png", quality=95)

jpgの場合は引数qualityで品質を 1 から 100 の間で指定できます。なお、デフォルトは 75 です。

値が大きいほうが品質が良いが、以下の公式ドキュメントでは 95 より大きい値は推奨されていません。

まとめ

Pillow を使うことで簡単に画像を作成することができます。

OpenCV という有名な画像処理系のライブラリもありますが、Pillow のほうが簡単に扱えるのでさくっと実装したいときは便利かなと思います。

画像のリサイズやWebP拡張子への変換については、以下の記事を参考にしてみてください!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
Python Pillowで画像の生成と保存

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次