百名山 API を開発しました | mountix APICLICK !

Pythonライブラリ Pillow で画像をリサイズする

Python Pillowで画像をリサイズ
  • URLをコピーしました!

Pythonのライブラリ「Pillow」で画像をリサイズしてみました。

Pillowで画像を生成してリサイズする

  1. pip で Pillow をインストール
  2. risize()で画像をリサイズする
目次

画像処理ライブラリ Pillow

PIL と Pillow

PIL(Python Imaging Library)は、2011年まで開発が進められていた画像処理ライブラリです。

そして、現在では開発が停止しています。

そんな PIL をフォークして作られた画像処理ライブラリが Pillow です。

各種形式の画像ファイルの読み込み・操作・保存を行う機能が提供されています。

pip インストール

以下のコマンドでライブラリをインストールします。

pip install pillow

Pillowで画像をリサイズする

画像データのリサイズ:resize()

指定のサイズにリサイズする

生成したImageオブジェクトをresize()でリサイズすることができます。

引数size(width, height)のように整数値のタプルで指定する必要があります。

あとはsave()でファイルパスを指定して保存します。

from PIL import Image

# 320 x 240 の画像データを取得
img = Image.open('sample.png')

# 160 x 120 にリサイズ
resized_img = img.resize((160, 120))
resized_img.save('resized_harf.png')

対象画像のサイズをもとにリサイズする

widthとheightで画像データの幅と高さを取得できるので、取得した幅と高さをもとにリサイズすることも可能です。

from PIL import Image

# 320 x 240 の画像データを取得
img = Image.open('sample.png')

# 縦横を3倍のサイズにリサイズ
resized_img = img.resize((img.width * 2, img.height * 2))
resized_img.save('resized_double.png')
from PIL import Image

# 320 x 240 の画像データを取得
img = Image.open('sample.png')

# 縦横を3分の1のサイズにリサイズ
resized_img = img.resize((img.width // 3, img.height // 3))
resized_img.save('resized_one_third.png')

整数値のタプルをsizeとして渡す必要があるので、//を使用しています。

まとめ

Pillow を使うことで簡単に画像をリサイズすることができました。

サクッと書いてサクッと実行できるので、やはりPythonは楽ちんですね!

画像の生成やWebP拡張子への変換については、以下の記事を参考にしてみてください!

参考

Python Pillowで画像をリサイズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次