百名山 API を開発しました | mountix APICLICK !

Rust 1.58からフォーマット文字列で変数の直接参照が可能に!

  • URLをコピーしました!

フォーマット文字列で変数名をそのまま書けるぞ!

目次

Rust 1.58 の深堀り

いつも丁寧にリリース内容をまとめてくれているので、以下の記事がとても参考になります!

フォーマット文字列で変数を直接参照できる

Rust 1.58

format!println!などフォーマット系のマクロで変数を直接参照できるようになり、
println!("{x}")と簡単に書くことができます。

fn main() {
    let age = 10;
    println!("Taro is {age} years old.");
}

Rust 1.57 以前

上記処理は以下のように実装する必要がありました。

fn main() {
    let age = 10;
    
    // パターン1
    println!("Taro is {} years old.", age);
    
    // パターン2
    println!("Taro is {age} years old.", age = age);
}

式を展開できるようになるかも?

ただし指定できるのは識別子のみであり、式を指定することはできません。
今後これを行えるようにしたいという議論も進行中です

https://tech-blog.optim.co.jp/entry/2022/01/14/080000

近い将来、以下のような文字列操作が可能になるかもしれません。

fn main() {
    let age = 10;
    println!("Taro is {age * 2} years old.");
}

まとめ

便利になりました!

Rustの進化は目覚ましいので、置いて行かれないようにしないといけませんね。

著:初田直也, 著:山口聖弘, 著:吉川哲史, 著:豊田優貴, 著:松本健太郎, 著:原将己, 著:中村謙弘, 著:フォルシア株式会社
¥1,782 (2022/10/05 16:03時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次